共同研究

日韓共同研究

韓国釜山大学校韓国国立環境科学院国立環境研究所岩手県環境保健研究センターと共同で、PPCPsによる環境汚染実態を明らかにするために分析法の開発を行い、環境サンプル中の分析を行うことを目的としています。

神戸大学との共同研究

神戸大学の乾研究室と共同で、環境汚染化学物質(PFCなど)の代謝・毒性・解毒について研究しています。

大阪大学との共同研究

大阪大学の近藤研究室と共同で、

①シミュレーションモデルによる河川・瀬戸内海の水質変化の再現・将来予測について研究しています。

②大気中アスベスト濃度の新計測方法について研究しています。

国・地方環境研究機関との共同研究

Ⅱ型共同研究

①里海里湖流域圏が形成する生物生息環境と生態系サービスに関する検討

②光化学オキシダントおよびPM2.5汚染の地域的・気象的要因の解明

③災害時等の緊急調査を想定したGC/MSによる化学物質の網羅的簡易迅速測定法の開発

④LC-MS/MSによる分析を通じた生活由来物質のリスク解明に関する研究

⑤沿岸海域における新水質環境基準としての底層溶存酸素(貧酸素水塊)と気候変動の及ぼす影響把握に関する研究

⑥廃棄物の不適正管理に起因する環境影響の未然防止に係る迅速対応調査手法の構築

このページの先頭へ