兵庫県の環境の保全と創造にご協力を!(寄附金のお願い)

 公益財団法人ひょうご環境創造協会は、兵庫県の環境の保全と創造に資するため、県民、NPO、事業者、行政とともに、次世代に継承する「環境適合型社会」の実現に向け、さまざまな事業を展開しています。
 「環境を良くしたい」「温暖化を防止したい」「多様な生き物を守りたい」という思いがあっても、忙しい、どのように取り組んだらいいかわからない、と思っていませんか?
 当協会では、皆さんの思いを実現していただくため、寄附金の募集を広く行っております。いただいた寄附金は、県内の環境保全創造活動の取り組みに有効に活用し、兵庫県の環境の保全と創造に役立てさせていただきますので、ご賛同いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

ご寄附について

 寄附金の活用方法 : 下記の取り組みなど、環境保全活動に活用させていただきます。

(一例)
 ・ 家庭や事業者における省エネや、再生可能エネルギーの導入促進に係る事業
 ・ さまざまな生き物が生息する自然環境の保全や再生事業
 ・ 環境問題に対する関心を高め、必要な知識や技術を深めるための環境学習・教育に係る事業
 ・ ごみの減量化、再利用、再資源化を促進するための3R推進事業
 ・ 県民の安全と安心を守るため、多様化する環境問題に関する調査研究事業   等

寄附の方法

 下記、経営企画部総務企画課(078-735-2737)までご連絡下さい。寄附の方法についてご案内させていただきます。

 

公益法人への寄附は税の優遇があります

寄附金の活用方法 :

 1 個人の場合  所得から寄附金額を控除できる所得控除制度を利用できます。

            所得控除額
  [ 所得金額(寄付額 - 2,000円) ]× 所得税率 = 税額
           

  
※寄付額のうち、所得控除額は総所得金額等の40%が限度

 2 法人の場合  一般寄附金の損金算入限度額とは別に、別枠の損金算入限度額が設けられています。
         
※公益財団法人は特定公益増進法人に該当します。

   損金算入限度額 (次の①および②の合計額を限度として損金算入されます)
    ①特定公益増進法人等に対する寄附金に係る損金算入限度額
     
(所得金額の6.25%+資本金等の額の0.375%)×1/2
    
②一般寄附金に係る損金算入限度額(①の限度額を超えた分を含む)
    
 (所得金額の2.5%+資本金等の額の0.25%)×1/4 

【控除制度を受けるためには】

 寄附された方には、「領収書」をお送りいたします。確定申告の際には、その領収書を添付してください。
  ※ (公財)ひょうご環境創造協会の会費は、会員特典があり寄附金控除の対象外となります。

 

お問い合わせ・お申込み  

公益財団法人ひょうご環境創造協会 経営企画部総務企画課
〒654-0037 神戸市須磨区行平町3-1-18
  電話 078-735-2737

このページの先頭へ