フェニックス受託事業

  近畿圏では廃棄物の最終処分場の確保が困難なことから、広域臨海環境整備センター法に基づき設立された大阪湾広域臨海環境整備センターでは、大阪湾フェニックス計画として、大阪湾の海面埋立により廃棄物を長期かつ安定的に最終処分するとともに、港湾管理者の委託を受けて埋立により土地を造成する事業を行っています。

 この事業を円滑に推進するため、事業受託が可能な兵庫県内で唯一の広域的な廃棄物処理団体として、兵庫県域の受入基地及び埋立処分場における廃棄物及び残土の受入業務を大阪湾広域臨海環境整備センターから受託し、受付計量・船舶投入・保管等を行っています。

業  務  場  所

業務内容

尼崎沖処分場(尼崎市東海岸町地先)

受付計量業務

尼崎基地(尼崎市平左衛門町70)

神戸基地(神戸市灘区灘浜町1番2号)

播磨基地(加古郡播磨町新島13-1)

津名基地(淡路市志筑新島)

姫路基地(姫路市飾磨区今在家字近藤新田1351-17地先)

受付計量業務

船舶投入業務

保管業務 等

 

このページの先頭へ