外来昆虫対策の技術講習会(2/14)

2020年01月14日

 ひょうご環境創造協会では、兵庫県および兵庫県自然保護協会との三者で2019年より兵庫県外来生物対策協議会を設置し、早期発見や防除技術の開発と講習などを進めています。外来生物は、あらゆる公共空間、農地や民間の敷地にも出現し、自然や健康、農業、産業に大きな被害をもたらします。このため、科学的な知見に基づく的確で総合的な対策が不可欠であり、様々な関係者による理解と協力が、駆除の効率を高め、早期発見による拡大を防止します。定着を見過ごして、一度蔓延してしまうと、駆除は極めて困難になります。

 今回の実習講座では、早期発見の技術面ならびに対策について、具体的な機材等を用いて実習します。研究機関のスタッフが講師を努め、外来生物対策の総論、実践事例や実習など具体的な実践事例を紹介いたします。特に、今回はじめて、クラックへの樹脂含浸技術(標本製作技術の応用)、LAMP法と呼ばれる簡便な遺伝増幅によるヒアリの検出実習を行います。関心のある自治体関係者や民間企業の技術職員、試験研究機関や大学関係者等のご参加をお待ちしております。

■開催概要
 日時:2020年2月14日(金) 
 場所:兵庫県立人と自然の博物館 4F 大セミナー室・実験セミナー室
 主催:兵庫県外来生物対策協議会
    (兵庫県・(公財)ひょうご環境創造協会・兵庫県自然保護協会)
 協力:独立研究法人国立環境研究所、大阪府立環境農林水産総合研究所、
    兵庫県立人と自然の博物館
 参加方法:参加費無料。事前申し込みが必要(下記)

■開催内容
【1部】10:30 ~ 12:00
 ・主催者あいさつ (兵庫県外来生物対策協議会)
 ・舗装面クラックへの樹脂充填と含浸技術(実習) 
      三橋弘宗(兵庫県立大学/兵庫県立人と自然の博物館、協力:大谷塗料)

【2部】 13:00 ~ 15:30
 ・LAMP法による、非専門家でも容易にできるヒアリの迅速診断実習
             坂本洋典・五箇公一(国立環境研究所)
 ・ヒアリ侵入の現状と対策の課題
             橋本佳明(兵庫県立大学/兵庫県立人と自然の博物館)
 *  実習は定員20名で要事前申し込み。見学だけも可能です。 

【3部】 16:00 ~ 17:45
   ・外来昆虫の重点的防除対策 
    五箇公一(国立環境研究所) 
   ・ツマアカスズメバチへの化学的防除手法の検討
    坂本洋典(国立環境研究所) 
  ・クビアカツヤカミキリの初期侵入対策
    山本優一(大阪府立環境農林水産総合研究所) 
 (意見交換会)兵庫県でヒアリとクビアカツヤカミキリにどう備えるか?
    コメント:三橋弘宗・橋本佳明(兵庫県立大学/兵庫県立人と自然の博物館) 

 ※セミナー室にてヒアリ検鏡に使える簡易マイクロスコープや防除資材、外来生物の標本も並べております

■申込み方法
 電子メールで以下の事項を明記のうえ、ひょうご環境創造協会まで送付ください。
 送付先は、seminar@eco-hyogo.jp です。

 ・氏名(ふりがな)、所属先、連絡先メール、電話番号
 ・2部実習の「実習希望」or「見学」の区分 

締め切は、2/7(金)とさせていただきます。応募多数の場合は抽選により選考します。1~3部の定員は60名、2部実習の定員は20名(予定)を予定しています。

■事務局
 ひょうご環境創造協会(兵庫県外来生物策協議会)
 TEL 078-735-4100
 E-mail:seminar@eco-hyogo.jp 

■案内チラシはこちら

 

新着情報一覧に戻る