認証・登録制度実施要領

実施要領

1. 総則

この実施要領は、財団法人ひょうご環境創造協会が、「財団法人地球環境戦略研究機関持続性センター(IGES-CfS)(以下「中央事務局」という。)」より認定された「エコアクション21地域事務局ひょうごEMS支援センター(以下「事務局」という。)」のエコアクション21認証・登録制度を円滑に運営するために定める。

2.エコアクション21地域事務局ひょうごEMS支援センターの運営体制

2.1 認証登録
エコアクション21認証・登録制度は、以下の体制で運営する。
2.2 事務局及び委員会

(1) 事務局
事務局は、中央事務局と密接な連携を図り、エコアクション21に係る事業者の認証・登録及びエコアクション21の普及促進等を行う。
(2) 事務局に置く委員会
事務局に諮問機関として、「エコアクション21地域事務局ひょうごEMS支援センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)」、「エコアクション21地域事務局ひょうごEMS支援センター判定委員会(以下「判定委員会」という。)」を置く。

2.3 認証登録

エコアクション21認証・登録制度は、以下の体制で運営する。
1. EA21のガイドラインの要求事項に基づく環境経営システムが構築され、運用、維持されていること
2. 環境目標及び環境活動計画が策定されていること
3. 環境への取組が少なくとも3ヶ月以上行われていること
4. 取組状況の確認・評価が行われ、問題がある場合は、是正処置が行われていること
5. 「代表者による全体の評価と見直し」が行われ、その結果が記録されていること
6. 「環境活動レポート」を作成、公表していること

地域事務局では、受審事業者から提出のあった上記1~4の書類を受領後、2週間以内に事業者が受審可能な状態かどうかを判断し、今後の対応についてご相談させていただきます。その際、受審事業者が審査人についての斡旋を希望される場合は、地域事務局で、審査人の専門分野等を考慮し、適切な審査人を選定して、ご連絡を差し上げます。

2.書類審査・予備審査

1. 環境経営システムのルールを取りまとめたマニュアル類及び関連の手順書
2. 環境方針
3. 環境目標
4. 環境活動計画
5. 環境関連法規の取りまとめ
6. 実施体制(組織図に役割等を記したものでも可)
7. 緊急事態の想定結果及びその対応策
8. 環境活動レポート
9. 環境への負荷の自己チェックの結果
10. 環境への取組の自己チェックの結果
11. 環境関連法規等の遵守状況のチェック結果
12. 外部からの苦情等の受付結果
13. 環境上の緊急事態の訓練結果
14. 環境目標の達成状況及び環境活動計画の実施状況、その評価結果
15. 問題点の是正処置及び予防処置の結果
16. 代表者による全体の取組状況の評価及び見直しの結果
17. 工場の見取り図、工程フロー図
18. 特定施設の処理フロー及びデータ
19. 廃棄物の分別区分、処理フロー及びデータ
20. 産業廃棄物処理業等の許可証のコピー

書類がガイドラインの要求事項を満たしているかどうかを、審査人が調査し、その結果を書類審査報告書として受審事業者へお送りします。

書類審査の結果、「要改善」と判定された事項がある場合は、審査人の指摘に基づき、現地審査に先立ち、速やかに改善を行い、改めて該当文書を提出してください。

審査人は受審事業者の了解を得た上で、現地審査までに1回に限り指導助言のための「現地予備審査」を行うことができます。(費用の計算は現地審査の場合と同じ基準で行います。)

3.現地審査・認証登録

現地審査では、審査人がエコアクション21の運用状況について、ガイドラインの要求事項すべてについて、これを満足しているかどうかを審査します。

現地審査で適合していると判断された場合、審査人は地域事務局に審査報告書を提出します。地域事務局は、地域判定委員会を開催して、認証・登録の可否を審議し、判定します。問題がなければ合格と判定し、中央事務局に必要書類を送付します。

中央事務局は、地域事務局から送付された書類を確認後、エコアクション21の認証・登録契約書を受審事業者に送付します。

中央事務局は、認証・登録料の振込を確認し、認証・登録契約書を受審事業者と締結した後、必要な内部手続きを経て認証・登録証を発行し、受審事業者に送付します。

このページの先頭へ