エコアクション21とは

エコアクション21は、おもに中小企業などが環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果をとりまとめ、評価し、公表する方法として環境省が策定した「エコアクション21環境経営システム・環境活動レポートガイドライン2004年度版(以下、「ガイドライン」という。)に基づく認証・登録制度です。

1.エコアクション21の特徴

ガイドラインでは、中小企業などの環境への取組を推進するとともに、その取組を効果的・効率的に実施するため、中小企業でも取組やすい環境経営システムのありかたが規定されています。

エコアクション21では、必ず把握すべき項目として、二酸化炭素排出量、廃棄物排出量及び総排水量の3項目が規定されています。さらに、必ず取組が必要な項目として、省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクル及び節水の3項目が規定されています。

また、事業者が環境への取組状況等を公表する環境コミュニケーションは、社会のニーズであるとともに、自らの環境活動を推進し、さらには社会からの信頼を得るための必要不可欠の要素となっています。そこで、環境活動レポートの作成と公表が必須の要件として規定されています。

2.エコアクション21に取り組むことのメリット

環境経営システム、環境への取組、環境報告の3要素がひとつに結合されたガイドラインであることから、環境への取組を総合的に行うことができ、また比較的容易、かつ効率的に取り組むことができます。

エコアクション21に取り組むことにより、環境への取組の推進だけでなく、光熱水費などの経費の削減や生産性・歩留まりの向上といった経営的な観点からの効果をあげることができます。

環境活動レポートを作成し、外部に公表することにより、取引先などの利害関係者に対しての信頼性が向上します。

認証・登録することによって、大手企業や行政機関が環境への取組や環境経営を取引や入札の条件の一つとする「サプライチェーンのグリーン化」に対応することができます。

3.エコアクション21の取組手順

エコアクション21の取組は、環境省のガイドラインに沿って下図の手順で行います。

まず、代表者がエコアクション21に、組織全体で取り組むことを決定します。エコアクション21の取組に当たっては、代表者のリーダーシップが何よりも重要です。

次いで、エコアクション21の取組に当たっての実施体制を決定します。

その上で、「環境負荷の自己チェック」及び「環境への取組の自己チェック」を実施し、その結果を踏まえて、環境方針、環境目標及び環境活動計画を策定し、実施体制が整った段階で環境の取組に着手します。

以降、定期的に取組状況の確認・評価を行い、問題があれば是正処置等を実施します。

さらに代表者が取組状況全体を評価し、改善すべき点があれば見直しを行い、環境への取組をより良いものにしていきます。

これらの結果を「環境活動レポート」としてとりまとめ、公表します。

このページの先頭へ